うつ病の治療でこれからの未来は明るくなる

調べることの重要性

うつ病の治療を行うにあたって、まずは問題に気づくことが重要です。そして、そのためには自分の状態について客観的な目線を交えて調べることがとても重要です。そのためのチェックポイントは知っておきたいところです。

詳細を確認する

若年層の課題

うつ病かもしれない、そう気づいたら症状に合わせた治療が必要です。若年層においては非定型うつ病と呼ばれる、今までとは違った新たな概念が生まれていることに注目しておきたいところです。

詳細を確認する

すぐに分かる質問

うつ病の治療を受けるべきかどうか迷ったら、まずは簡単な質問からチェックを進めることが大切です。ウェブでのチェックは無料で提供されていることも少なくないため、気軽に利用できます。

詳細を確認する

判断基準の一例

うつ病かもしれない、治療を検討したほうがいいのかもしれない、そう思う気持ちは本人にもゼロではありません。客観的に判断できる基準を参考に、周りのサポートや後押しもうつ病の判断と治療には重要です。

詳細を確認する

MENU

自己診断を行う

うつ病は思っている以上に簡単に襲ってくる心の病です。治療するべきか否か、それを迷ったなら自分でチェックしてみることも大切です。心のバランスが崩壊するきっかけは誰にでもあるため、セルフチェックが必要です。

詳細を確認する

可能性に感づく

年々患者数が増加しているうつ病のチェックをしたいならこちらのサイトを利用しましょう。病気に関しての情報が詳しく紹介されていますよ。

うつ病はチェックすることができます。簡単ですよ。|うつ病サプリ

もしかしたらうつ病かもしれない

うつ病は、昔から「こころの風邪」といわれてきたほど、だれでも発症する可能性のあるものです。ですが、現在うつ病は、深刻な問題として以前よりも適切な対処をもとめられています。 うつ病は、心だけではなく、からだにもさまざまな症状をおこします。うつ病のセルフチェックを早めにおこなうことで、うつ病を回避出来るだけではなく、軽度での治療にとどめることが可能です。うつ病のチェック項目は以下のようになります。 心問題としては、気分の落ち込み・思考力の低下・意欲や関心の低下・悲観の強まり・怒りっぽいなどの症状があります。また、からだの症状としては、食欲低下・睡眠障害・倦怠感・めまいです。なかには、腰痛や頭痛などの痛みを伴うケースもあります。

該当数が少ない場合でも注意が必要

うつ病には個人差があり、その症状によって、うつ病の度合いが決まります。うつ病のセルフチェックでは、項目のチェック数をポイントとして、そのレベルを推測できるサイトもあります。 これらはあくまでも簡易的なチェック方法ですが、より高ポイントであった場合は、うつ病の危険性を示しているので、専門家での治療をおこなうことをおすすめします。 しかしながら、チェックポイントが低かったから、大丈夫と過信しないように気をつけましょう。それは、万が一この病気ではなくても、その手前である自律神経失調症になっている可能性が示唆されるためです。また、この病気は急に発症するものではなく、時間をかけて蓄積されたものが病気へとなるものだからです。

複雑化してきている心の病気です。

生真面目な日本人が罹りやすい病がうつ病です。曲がったことが嫌いでひたすら仕事に打ち込む人が多い日本人は、うつ病の有病率が100人に4人程度と、身近な病気となっています。 以前のうつ病のチェックは、SDSテストといった気分の落ち込みを図るチェックシートがあり、一般の内科でも簡単に病気を発見できましたが、最近は定番の症状が出ない新型うつの登場でチェックシートで見抜けない程に複雑化してきました。心の病気の診断を受けるためには、一度精神科を受診することが勧められています。 最近では精神科と標榜せずに心療内科やメンタルクリニックといった名称を変えて、通院の際に心理的抵抗が少なくなるように配慮や工夫がなされています。

小学校の内から心のケアをする体制が整っています。

24時間パソコンやスマホから発せられるブルーライトにさらされて、小学校の授業でもタブレットを使用することから、今後も日本人のうつ病有病率が増えることが予想されています。 小学校という幼い内から対人関係のストレスや不眠に悩んで不登校となる児童がでないように、学校ではスクールカウンセラーを配置して心の病気に罹った児童がいないかチェックとフォローに努めています。 スクールカウンセラーは、高度な臨床心理学や精神医学を学んだ精神ケアのプロフェッショナルで、中立の立場で子どもの心のケアにあたる者です。担任や親が普段の様子と違うと気づいた時にはスクールカウンセラーに相談でき、心のケアの方法を教えてもらうこともできます。

うつかどうか見分ける方法及び今後の予測

 うつ病を外見から判別するのはなかなか難しいです。ただ、うつ病のチェックシートはあり、セルフチェックを行うことはできます。うつ病かどうかを表す一つの指標としては活用することができます。  項目内容としては、疲れやすいか、朝の目覚めがすっきりしているか、食事をするとき味を感じるかなどある程度多め項目があり設問の答えを選択することでうつかどうかを突き止めていきます。  今後のうつ病のチェックについての予測についてですが、研究次第によってはよりうつ病かどうかをはっきりと診断できるような方法は開発されていくことが見込まれています。例えば、うつの症状を引き起こす細胞があることをマウスにおいて発見したなどの今後の研究につながる材料はいくつか存在します。

うつ病のチェックがコチラでできるので、ぜひどうぞ。|うつアカデミー