うつ病の治療でこれからの未来は明るくなる

判断基準の一例

うつ病を判断するためのチェックポイント

現代の日本において、うつ病に悩む人が増加しています。うつ病はストレスに苛まれて発症するケースが多く、誰もがなる可能性がある病気です。 そこで、ここでは身近な人がうつ病かどうかチェックするためのポイントをお教えします。まず、うつ病かどうかは、身だしなみをチェックすると良いです。心の病気を患うと、多くの方は身だしなみに気を使わなくなります。なので、常にきちんとしているイメージだったのが、衣服や髪型が乱れている場合は要注意です。 その他のチェックポイントは、仕事が急にできなくなるなどの症状です。うつにかかると集中力が維持できず、仕事でミスをしがちになります。その他にも、うつ病の人は今まで楽しめていたものがつまらなく感じられてきます。なので、表情が冴えない症状がないかチェックすると良いです。

うつに用いられる治療方法

近年うつ病に効果があるとして、病院では磁気刺激治療というものを行います。この治療方法は、脳に磁気刺激を与えて脳の活動を回復させる治療です。 そもそも、うつは脳の病気と考えられています。うつを発症している脳は、血流や代謝が低下しています。なので、磁気刺激治療で刺激を与えることで、神経細胞を通じて脳の活動を回復させることができます。よって、うつの症状が良くなります。 この治療において患者から不安視されるのが、副作用についてです。副作用は個人差はありますが、磁気による頭部への軽い痛み、不快感などがあります。また、稀な副作用としては、からだのけいれん、発作などがあります。ですが、命に別状はなく、治療で高い効果が得られます。