うつ病の治療でこれからの未来は明るくなる

自己診断を行う

自分でチェック

ストレスフルな現代社会。きっちりとミリ単位で効率化された業務をこなすサラリーマンの皆さんをはじめ、やたらと四角張ったことの多い世の中を生きるすべての人にとって、時としてこの社会は、うつ病の原因があちこちに地雷のように仕掛けられた戦場のようなものとなります。そんな、張りつめた糸の上を歩くような今を生きる中では、ちょっとしたきっかけが心にダメージをもたらします。自分がうつ病なんじゃないかと疑っている人も多いのではないでしょうか。気分が滅入ったり、布団から起きられなかったり、普通の人にも起こり得る現象なのです。 下の段では、うつ病かどうかを判断するためのセルフチェックの項目を、いくつか紹介しましょう。

うつなのか、どうなのか。

さて、自分でうつ病をセルフチェックしてみましょう。 良く言われるのが、「眠れなくなって2ヶ月改善されない」ということ。これは分かり易いチェック項目ではないでしょうか。 「体がダルくて疲れやすい、騒音が気になる、朝のうちが無気力、音楽を聴いても楽しくない」このくらいなら、そう言う時もあるかなと思ってしまうでしょう。 しかし、「食事が進まなくて味がしない」という項目にチェックが入ったら、うつ病を疑った方が良いかも知れません。「自分の人生がつまらなく感じる」これも、うつ病の可能性が濃厚です。 このようなチェックは、来院の後押しになるという意味で大切なものです。早めの治療が早めの復帰につながります。「もしかしたら」と思ったらチェックしてみて、それから、病院の門を叩きましょう。