うつ病の治療でこれからの未来は明るくなる

若年層の課題

若い人に多い非特定型うつ病チェック

 非特定型うつ病チェックには若い人のおおいものです。次にあげることがあてはまるかどうかチェックして下さい。(1)他人の顔色が非常に気にしてしまう。他人からの言葉に必要以上に反応してしまう。(2)身体的疲労感がかなり強い。また落ち込んだ気分に2週間以上なっている。(3)午前中は穏やかに過ごすことができるが、夕方から夜にかけて、イライラしたりして、体調・気分共に不安定になる。(4)楽しいことがあると、それまでの不調が信じられないほどなくなり、好調になる。しかし。それが長続きせず、憂鬱な気持ちにもどってしまう。  これらの判断は疲れがたまっているのか、それともうつ病なのか分からないとおもいます。またチェックすることが自分で難しい項目もあるでしょう。三つ以上当てはまるのなら、うつ病の専門医に行きましょう。

病気に負けないようにするための対処法

 うつ病に対するいくつか対処法を紹介したいと思います。 (1)規則正しい生活をおくる 付き合いの飲み会や食事会などは、程々の時間で切り上げて、夜11時には自分の時間を作れるようにしましょう。また寝る前には、体のストレッチなどをすると、睡眠の質を高めることができ、ぐっすり眠ることができます。 (2)生活の中に歩くことを取り入れる 平日と休日で週2-3回は歩いてみましょう。ジムいくことができるなら、それでも大丈夫です。通勤時に歩いている方もいると思います。しかし、通勤で歩いている道は、同じ通路だとおもいます。それではマンネリ化してしまい、効果が薄れてします。適当な変化があることが大切です。また習い事に行ったり、友人と食事をすることもいいでしょう。今までの生活をチェックして、改善していきましょう。